2007年01月26日

投資で勝つ方法

Redさんのこの記事、特に前半にはほぼ全面的に同意します。

投資で勝つ方法・負けない方法 - Redの株式投資☆通常の3倍 - 楽天ブログ(Blog)

ではもう一度聞きます。あなたは、本当に他の人よりも優れた投資家ですか? そう信じることのできる理由はなんですか?

多分、信じることに理由はいらないんじゃないかと思います。だって信じればそれでいいんだから。むしろそれこそが「信じる」ということかと。

たとえば、「統計的に有意な手法」って言葉をしばしば耳にします。その言葉にも、実は「信じなければならない要素」が潜んでいるのですよ。そしてそれを乗り越えなければ、実用に至らないのです。

私は、なんだかんだ言っても信仰が足りないのです。

2006年01月18日

株式投資のリスク

 冗談はともかく、まさかこんなに早くブルとベアが入れ替わるとは。
 株価は「ファンダメンタル価値」で決まるのか、「投資家心理」で決まるのか。リスクに見合うリターンが得られるのか、それとも関連は無いのか。
 そんな問いすら、全く無意味に思えてきてしまいますね。

 珍しくマジメな話をすると、私は、自分にとって重要なのは、自分が許容できるリスクだけを取ることだと思っています。仮に、昨日今日空売りをしていれば濡れ手に粟だった、と思う人もいるかも知れません。しかし私は、そのリターンは取るべきリスクを取った結果である、そう考えるようにしています。

 フリーランチは確かに存在するのかも知れませんし、それを追い求めるために勉強し、自分の信じる通りに行動を取るのは、決して悪いことばかりではないでしょう。
 それでも、そのときに自分が何を犠牲にしているのか、どんなリスクを取っているのかは、よくよく考えておくべきだと思います。

 さて、私の投資スタンスとしては、総資産における日本株の比率が下がったので、当然買い増しを考えるべきところです。以前書いた通り、昨年までよりも真面目に、買うべき銘柄を探したいと思います。(ただし私にできることは限られている、というのも自覚しつつ。)
 遊びのつもりで持っていた幾つかの銘柄は、昨日今日で損切りライン(遊び以外では損切りラインなんて設定しません)に達してしまっていたので、ある意味、丁度良かったかも知れません。

 まあ、この暴落の中、心理的に本当に買い向かえるかどうか、難しいところなのですが…。そういう限界もひっくるめて、リスクとして把握しておくべきなのでしょう。

2005年11月23日

所信表明

 なんだかんだ言ってもですね、私は、自分が個別株投資でインデックス以上の成績を上げられる、と信じてます。・・・と言うよりも、信じてみます。はい。

 ただ、それを実行するのは並大抵のことではない、と思ってます。労力だけでなく、精神的な面でも、いろいろ大変になるはず。少なくとも、今までみたいにお気楽な態度で投資を続けていては無理でしょう。

 ですがまあ、やってみます。マジメに。そういう気になったのです。

 生活の中で、株式投資について検討する時間を定期的に取ります。定性分析の必要性も、自分なりにきちんと検討します。株式投資で遊ぶ部分を極力減らします。利益を出すために最大限の努力をします。
 手始めとして、まずは、現在のポートフォリオを見直しつつ、投資基準をもっと明確にしようと思います。

 ・・・などと私みたいな輩までが言い始めたということは、相場はもう天井だってことです。皆様、お気をつけください。

<関連記事>
一年間の総括

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。