2006年08月19日

うわさのズッコケ株式会社

 私が一番最初に「株式投資」に触れたのは「男一匹ガキ大将」だったと思ってたんですけど、ふと記憶の糸を辿ってみると、そうではなかった気がしてきました。

 なんでそんなことを考えたかというと、All Aboutのこの記事を読んだからです。

『ズッコケ三人組』作者 那須正幹さんが語る「大人になった君達へ」
続『ズッコケ三人組』作者 那須正幹さんが語る「大人になった君達へ」

 ズッコケ三人組、私は子供の頃大好きでした。

 その『ズッコケ三人組』シリーズに「うわさのズッコケ株式会社」という本がありました。小学生が株式会社を作るという話なんですが、と書くと荒唐無稽なように聞こえますが、これがなかなかよくできてまして。子供の頃、面白いなあ、と思ったものです。

 なんだか懐かしくなって、先日図書館に行って読み返してみました。

 そしたら、コレがホントよくできてまして。

 内容を簡単に紹介すると、釣り客で賑わう港で弁当やジュースを歩き売りすれば商売になるんじゃないか、と考えついた小学生三人組が、元手を調達するために株式を発行してクラスの友人に株主になってもらう、というとても小さなお話なんですが。

 最初は自分達の小遣いで出資して、足りない分を債権(友人からの借金)で賄うんです。だけど商売が少し大きくなって、金利を払うよりも儲けが出たときだけ配当した方がいいだろう(これは株主資本コストを意識していないダメ発言ですが)と、株式発行を決意するわけです。

 資本金、売上、利益の概念はもちろんのこと、買掛金や売掛金も物語の上でちゃんと登場します。設備投資(トランシーバー購入)のための増資も行います。おまけに釣りシーズンが終わってしまい売上が思うように上がらなくなった後の株主総会(放課後に教室で行う)では、買掛金を意図的に隠蔽した粉飾決算で株主の追及を切り抜けるといった場面まで登場します。

 子供の頃、私がそのすべてを理解していたとは到底思えません。が、それでも「面白い」と思ったことはハッキリと覚えています。

 余談ですが、確か同じような時期に「宿題ひきうけ株式会社」を読んで、『どこが株式会社だゴルァ!』と憤慨したことも覚えています。こちらは読書感想文の課題図書か何かになっていたご立派な本ですが、看板に偽りありってやつでした。内容も説教臭くて全然面白くなかった。

 ともあれ、おすすめの本ということで紹介しているわけですが。さすがにこのブログの読者に直接おすすめするわけではないですけど、もし図書館かどこかで見かけたら、童心に返って読んでみるのもまた一興かと思います。

うわさのズッコケ株式会社
うわさのズッコケ株式会社那須 正幹

ポプラ社 1988-11
売り上げランキング : 181371

おすすめ平均 star
star爽快感!
star一番、面白い。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
2006年05月18日

ナニワ金融道

 先日漫画の話を書きました。私は、今までそこそこの数の漫画を読んできましたが、ふと、株式投資に役立つ漫画でもおすすめしておこうかと思い立ちました。

 で、思い浮かんだのは「ナニワ金融道」です。

 まあ株式投資に直接は関係無いんですけど。

 まだ読んだことのない方、SMAP中居君のドラマしか観たことのない方は、一度読んでみた方がいいです。控えめに言っても、この作品は歴史に残る傑作です。人を選ぶ絵柄かも知れませんが、そんな次元は超越した面白さです。

 いや、面白いだけじゃない。この内容。正直、高校の社会科教材にでもしたらいいんじゃないかと思います。そうすりゃ未公開株詐欺に騙される人も、ずいぶんと減るでしょう。

 お金にまつわるさまざまなエピソードが語られる中で、一貫しているのは、世の中には常に「騙す人」と「騙される人」がいるということ。どんな形であれ、その人たちの関係が生み出すドラマは、時に悲劇的で、時に喜劇的です。

 最近のアイフル問題も然り。この資本主義社会が続く限り、「ナニワ金融道」が古くなることは、ないんじゃないかと思います。

ナニワ金融道 (1)
ナニワ金融道 (1)青木 雄二

講談社 1999-03
売り上げランキング : 48,891

おすすめ平均 star
star何度読んでも色々と考えさせられる
star法律の勉強にオススメ
star女性の方もぜひ読んでみてください

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
2005年11月29日

株価4倍「割安成長株」で儲ける収益バリュー投資術

 パーシャルオーナーの管理者、角山智さんの新作が、すごく売れているみたいです。Amazon(アマゾン)のTOPに表示されたりしてました。

株価4倍「割安成長株」で儲ける収益バリュー投資術
4798011649角山 智

秀和システム 2005-10-31
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
starバリュー投資に興味があるのなら、ぜひ!
star「どんなバカでも経営できる」会社
star極めて明瞭な株式投資手法の解説

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 評価も5つ星ばっかりですごいですね。内容は、私が以前受けたセミナーをベースに、さらに煮詰めた内容になっている、とのこと。んー、そう言われるとセミナーを受けた身としては買わなくても良いかなーと思うのですが。

 皆さんは買ってください。Amazon(アマゾン)でも、楽天ブックスでも売ってます。

 ・・・と言うことで、たまに行う宣伝でした。ご清聴ありがとうございました。

2005年05月23日

こんな本を読んできた

 えー、今回はマジメに、私が今まで読んできた株式投資本を紹介しようと思います。ファイナンス論やら金融工学やら不動産投資やらについては別の本も読んでますが、とりあえず一般向けで、株式投資に直接関係する本で、かつ皆さんに紹介しておきたい本は、今のところこれぐらいです。

 下に挙げた本は、本当に良いものばかりです。いやホントに。無論、全ての本が100%同意できる内容であるというわけではないですが、値段以上の価値があることは保証します。

 それぞれの本の内容紹介なども今後やっていきたいと思ってますが、とりあえず全くの初心者で何から読んだら良いのかさっぱり分からない、という方には、「投資戦略の発想法」をおすすめします。ただし、新しく図解版「木村剛の図解 財産を守るための投資戦略の発想法」が出てるようですので、そちらの方が良いかも知れません(私は読んでませんが)。

 また、同じく株式投資の初心者で、かつ「バリュー投資」についてカンタンに知りたい、という方には、「謎のトレーダー「しん」の株バリュー投資法」、「超特価バリュー株「福袋銘柄」で儲ける週末投資術」がおすすめです。ただ、財務諸表の読み方に関する記述などの面から、どちらかというと前者の方がより初心者向けだと思います。(財務諸表を普通に読めるなら、どっちが先でもいいと思います。)

 それから、「読んでいて面白い」という視点でおすすめなのは、「ウォール街のランダム・ウォーカー」と、「ピーター・リンチの株で勝つ」です。二冊とも、著者の投資の才能だけでなく、文才が感じられる本です。たとえ株式投資をしなくても読む価値あり・・・と言っても、言い過ぎではないかも。

 逆に、「いいコト書いてあるんだけど読みづらい」という本は、「株式投資の新しい考え方」、「敗者のゲーム」、「賢明なる投資家」です。まあ多くは語りませんが、最後まで夢中で読み通しました、とは言いづらい本です。

 とりあえずこんな感じですが、皆様の参考になればと思います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。