2004年10月30日

非常に個人的な証券会社の選び方

 ヒロです。今回は、私が使っているインターネット証券(オンライン証券)についてお話しようと思います。これから証券口座を開こうと考えている方の参考になれば幸いです。ただし、以下の話は私の個人的な事情を多く含んでますのでご注意ください。

 私は現在、3つの証券会社に口座を持っています。その3つとはマネックス証券カブドットコム証券、そして某日本最大手のN証券です。最後のやつは嫌いなのでリンクしてあげません。
 マネックス証券とカブドットコム証券には、ほぼ同じ時期に口座を開きました。(ただしカブドットコム証券は当時存在しておらず、私が口座を開いたのは「イー・ウィング証券」です。その後、イー・ウィングは日本オンライン証券と合併してカブドットコム証券になり、口座はそのままカブドットコムに引き継がれました。) N証券については嫌いなのでこれ以上触れません。

 さて、なにゆえ数あるオンライン証券の中でマネックス証券とカブドットコム証券を選択したの? しかも2つ同時に? という話なのですが、これはもう簡単な理由でして。その2社がそれぞれ、欲しい投資信託を取り扱っていたからです。
 私は、投資を始めた当初は株式をほとんど買っておらず、主として投資信託を購入していました。投資信託は株式と違い、販売会社によって取り扱っている商品が異なります。そのため、「○○という投資信託が欲しい!」と思ったら、それを売っているところを見つける必要があったのです。

 で、現在もその投資信託の購入は続けているのですが、取引のメインは株式に移っています。カブドットコム証券はあいかわらず投資信託の取引のみで、株式取引にはマネックス証券を利用してます。なぜカブドットコム証券ではなくマネックス証券を使っているかというと、

  • WEB画面がわかりやすく、操作しやすい。(慣れただけ?)
  • みずほ銀行から手数料無料で入金可能。
  • 「貸株金利」が貰える。

    というような理由からです。
     ただし、私のような零細投資家が最も重視すべき「株式売買にかかる手数料」については、マネックス証券はオンライン証券会社の中ではそれほど安いとは言えません。(ちなみに、マネックス証券は日興ビーンズ証券と来年合併する予定なのですが、合併後も手数料は今と変わらないようです。) そのため、もう少し手数料の安い証券会社に口座を開こうかな、と考えているところです。

     現在、最有力候補として考えているのは、E*トレード証券です。マネックス証券より手数料安いし、みずほ銀行、UFJ銀行、東京三菱銀行、三井住友銀行から手数料無料で入金できるみたいだし。UFJは今更どうでもいいけど。それと、何か大勢の人に支持されてそうな感じで安心感があります。(逆にマネックスは通好みって感じ。こんなファンサイトを作っちゃう方もいらっしゃいます。)

     あとは、手数料の安さと話題性から言うとライブドア証券もアリかな、と思いますがどうでしょう。資料請求ぐらいしてみようかなあ。

     というわけで。今回触れた証券会社を右サイドのリンクに追加しました。ただしN証券除く。今後も(自分のために)色々調べて、追加していく予定です。て言うか誰か私におすすめの証券会社を教えてください。(常に他力本願)

    (追記)
     マネックス証券と日興ビーンズ証券は、2005年5月より合併し、マネックス・ビーンズ証券として営業中です。
  • この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    この記事へのTrackBack URL
    (トラックバックは承認制です。すぐには反映されませんのでお気をつけください。)

    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。