2005年09月30日

一年間の総括

 昨年の9月にこのブログを始めた時から考えると、私の株式投資に関する知識はそこそこ増えたと思います。本もたくさん読みましたし、セミナーにも行きました。自分なりにある程度実践も試みてきました。

 ですが結局、株式投資に関して、自分の中で心の底、腹の底から納得している事柄は、一年前と全然変わっていないんです。それは、
  • ETFやローコストのインデックスファンドを買えば、市場(インデックス)とほぼ同程度のパフォーマンスを上げることが出来る。
ということ。改めて書くまでも無く、当たり前のことなんですけどね。また、
  • 以上の投資戦略を実行するに当たっては、時間も頭も全くと言っていいほど、使わなくていい。
という点は、この一年を経てより強く意識するようになりました。

 もっと優れた投資戦略、もっと儲かる投資方法がある、それに納得できたら実行しよう。この一年間、そう考えてきました。特に「バリュー投資」ってものが何なのか、どうすれば自分にも実行できるのか、考えてきました。
 ですが未だ、自分が心底納得して実行できる方法には成り得てません。

 無論、バリュー投資がダメな投資方法ってわけじゃないんです。むしろ逆だと信じています。

 ただ、私はおそらく普通の人よりも頑固というか疑り深いというか頭が悪いというか、何て言うんでしょう、投資に対する拒否反応が大きいんです。

 この一年間、私がブログに記録してきた株式投資は、その半分は勉強のため、残り半分は娯楽(ギャンブル)みたいなものでした。私にとってはそれなりの金額を運用しているんですが、もっともっと突っ込みたいんです、本当は。でも出来ません。
 逆に言うと、私は私がギャンブル好きだと言うことを知っているので、自分自身に必要以上に歯止めをかけてしまうのかも知れません。

 そして最近は、一年前の考え方・・・すなわち、自分で納得できたら納得できた分だけ、総資産に占める株式投資用資金の割合を増やそう、という考え方では、この先永遠に割合を増やすことなどできそうもない、という風に考えるようになりました。

 一年かけて得た結論がそれか、と自分でも情けなくなるのですが。

 とりあえず今日はこの辺で。
posted by ヒロ at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0)
日記 | このページの先頭へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
(トラックバックは承認制です。すぐには反映されませんのでお気をつけください。)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。