2004年09月04日

株とは何か

 何から書くか迷ったのですが、株式投資に関する最初の話として、まず「株とは何か」を書くことにしました。

 ですが、難しい話は抜きにしようと思います。もちろん、エクイティファイナンスとデットファイナンスの経営戦略上の相違点や、オプションに関する法律上の制約によるポートフォリオインシュアランスの非完全性について、などから話を始めても良いのですが、このブログの読者であるあなたには、あまり理解できないのではないかと思います。私にもさっぱり分かりません。

 ということで、本題です。

 質問:株とは何か?

 答:「会社の持ち主になれるチケット」です。

 はい。私の理解はそんなもんです。

 私は現在、幾つかの会社の株を保有してます。ということは、それらの会社の持ち主(オーナー)なわけです。すごいです。偉そうです。  と言っても、通常、一つの会社は株を何枚何枚も発行しており、私はそのうちのほんの僅かを持っているだけです。ですので、正確に言うと、私は、大勢いる持ち主の中の一人、なわけです。

 ですが、持ち主であることに変わりはありません。そして、持ち主だと偉そう、というだけでなく、ほかにもメリットがあります。次回はそのメリットについて書いてみたいと思います。 

 また、この辺をもう少しちゃんと知りたい、と言う方は、例えば、東京証券取引所の「株式取引とは」や、Yahoo!ファイナンスの「株式入門」など、金融関連の色々なサイトを見て、勉強してみてください。で、私に教えてください。

 では、また。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
(トラックバックは承認制です。すぐには反映されませんのでお気をつけください。)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。