2006年01月18日

株式投資のリスク

 冗談はともかく、まさかこんなに早くブルとベアが入れ替わるとは。
 株価は「ファンダメンタル価値」で決まるのか、「投資家心理」で決まるのか。リスクに見合うリターンが得られるのか、それとも関連は無いのか。
 そんな問いすら、全く無意味に思えてきてしまいますね。

 珍しくマジメな話をすると、私は、自分にとって重要なのは、自分が許容できるリスクだけを取ることだと思っています。仮に、昨日今日空売りをしていれば濡れ手に粟だった、と思う人もいるかも知れません。しかし私は、そのリターンは取るべきリスクを取った結果である、そう考えるようにしています。

 フリーランチは確かに存在するのかも知れませんし、それを追い求めるために勉強し、自分の信じる通りに行動を取るのは、決して悪いことばかりではないでしょう。
 それでも、そのときに自分が何を犠牲にしているのか、どんなリスクを取っているのかは、よくよく考えておくべきだと思います。

 さて、私の投資スタンスとしては、総資産における日本株の比率が下がったので、当然買い増しを考えるべきところです。以前書いた通り、昨年までよりも真面目に、買うべき銘柄を探したいと思います。(ただし私にできることは限られている、というのも自覚しつつ。)
 遊びのつもりで持っていた幾つかの銘柄は、昨日今日で損切りライン(遊び以外では損切りラインなんて設定しません)に達してしまっていたので、ある意味、丁度良かったかも知れません。

 まあ、この暴落の中、心理的に本当に買い向かえるかどうか、難しいところなのですが…。そういう限界もひっくるめて、リスクとして把握しておくべきなのでしょう。

この記事へのコメント
ヒロさんコメントありがと。
しかしびびりましたわ・・・今回は。
なんか振るいにかけられてる感じがしますわ。小口投資家はじゃまや・なんてね・めげずにいきますよ^^
Posted by miki at 2006年01月19日 01:11
mikiさん、どうも。

今日は少し戻しましたね。明日以降どうなるか分かりませんが、めげずに行きましょう ^-^
Posted by ヒロ at 2006年01月20日 00:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
(トラックバックは承認制です。すぐには反映されませんのでお気をつけください。)
http://blog.seesaa.jp/tb/11894755
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。