2005年12月09日

どうなるの?

 なんか今日(12/8)はすごいことが起こったみたいですね。

 えーと、今日約定した分(みずほが買い戻せなかった分)って、いったいどうなるんでしょう? どこからか調達してきて売るしかないんですよね。発行済み株式総数を上回っているとしたら、いったいどこから・・・? 引用記事には「現金を供与」とか書いてありますが、そんなの通るのか?

 誰か教えてください。

 ついでに、明日から市場がどうなるのかも誰か教えてください。

みずほ証券発注ミス、巨額損失の可能性…市場は大混乱:Yahoo!ニュース

 8日の東京株式市場で、東京証券取引所の新興企業向け市場マザーズに同日上場した総合人材サービス業ジェイコムの株式に対し、みずほ証券が誤って大量の売り注文を出し、みずほ証券には現時点で270億円の含み損が生じている。

 この影響で、日経平均株価(225種)が300円以上、急落するなど市場が大混乱した。

 東証などによると、みずほ証券は、同日午前の取引開始直後、ジェイコム株の売買注文の入力を誤り、1株61万円で1株の売り注文を出そうとしたが、実際には、1株1円で61万株の売り注文を出してしまい、誤入力の警告も見落とした。

 ジェイコムの発行済み株式総数は1万4500株しかなく、売り注文の株数はこの42倍に相当する。

 ジェイコムの株価は、67万2000円の初値をつけた後、急落し、値幅制限の下限(ストップ安)にあたる初値より10万円安い57万2000円まで値を下げた。みずほ証券は、初値から57万2000円の間の価格で売ったとみられる。実際には1円では取引は成立していない。

 その後、急速に買い戻され、今度は、値幅制限の上限(ストップ高)にあたる同10万円高の77万2000円まで上昇し、取引を終えた。

 取引終了後の午後4時すぎ、みずほ証券が誤って発注したことを発表した。

 同日夜に会見したみずほ証券の福田真社長は誤注文による損失が270億円に上ることを明らかにした。

 売り注文が発行済み株式総数を大きく上回るため、誤発注に基づいて売買契約が成立した投資家すべてには株券が行き渡らない。この場合、「みずほ証券が投資家に対し、株券を受け渡す時期を先延ばしにするか、株券の代わりに現金を供与することなども考えられる」(準大手証券)という。

 ジェイコムの岡本泰彦社長は、この日の新規上場の記者会見で、「適正に判断された値段が付いてほしかった」と述べた。

 この日は、こうした取引に対する不安が広がり、証券会社や大手金融グループの株式を中心に売られ、株価は全面安となった。

 日経平均株価(225種)は前日比301円30銭安の1万5183円36銭と、12月1日以来1週間ぶりの低水準まで値を下げて取引を終えた。下げ幅は今年3番目の大きさだった。

 ・・・とりあえず、明日ジェイコム買い注文入れてみますか? 記念に。

posted by ヒロ at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
市況 | このページの先頭へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
(トラックバックは承認制です。すぐには反映されませんのでお気をつけください。)
http://blog.seesaa.jp/tb/10413199
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。