2006年01月31日

2006年1月末時点パフォーマンス

 気が重いながらも、今年最初の投資成績公開です。

続きを読む

暴落と長期投資

 ライブドア・ショックから2週間ほどが経ち、市場全体はそんなことがあったことは忘れたかのように、すっかり立ち直ったようです。

 株式投資ブログなどを回っていると、短期的な狼狽売りは市場に振り回されているだけである、やはりホールドが正解であった、結局は長い目で見た投資、長期投資が賢明なのだ、というような意見が散見されます。

 しかし、私は言いたい。ちょっと待てと。それが長期投資かと。まだ2週間しか経ってないのにそんな結論出していいのかと。それは、長期投資じゃないんじゃないかと。

 長期投資ってのは、もっと殺伐としてるべきなんだよ。失われた10年、買っても買っても下がっていく市場からいつ見放されてもおかしくない、タンス預金か株式投資か、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。
 お前は本当に長期投資をしたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。 お前、バフェット銘柄って言いたいだけちゃうんかと。(損切りした銘柄が力強く上昇していくのを何もできずに見つめながら。)

 それにしても、Not Foundが今も続いていることにはとりあえず感謝したい。・・・何の話でしたっけ?

続きを読む
posted by ヒロ at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(0)
日記 | このページの先頭へ
2006年01月24日

たまには売買記録でも

 先週の売買。

 杉本商事、三星食品を買い増し。サンフロンティア不動産、山田債権回収管理総合事務所を売り切り。

 大体そんなもんです。

 今週? どうしようかねえ。

2006年01月23日

今回の暴落をエヴァンゲリオン風に語るスレ

今回の暴落をエヴァンゲリオン風に語るスレ

1 名前: 山師さん 投稿日: 2006/01/18(水) 17:02:36.24 ID:rgxW+67u
  裏切ったな・・・僕の気持ちを裏切ったな

続きを読む
posted by ヒロ at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0)
日記 | このページの先頭へ
2006年01月22日

あ、そっか

 ライブドア、実態以上に膨らましてた時価総額を背景に買収をしてたのなら、つまりそれらの買収は、結果的にお買い得だったってことか?

 成長期待で買われてた分が剥げ落ちた後、さらに割安になるようなら、購入を本気で検討するべき・・・なのかも?

posted by ヒロ at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0)
日記 | このページの先頭へ
2006年01月21日

ライブドア・ショック関連記事大賞

 ライブドア・ショック関連で色んなブログや2chスレを読み漁った中で、一番笑えた言葉。

「弥生会計がちょっとバグってただけだよね!」

 abitaさんのInvestment BAKAより。夜中に読んで、大爆笑でした。そんな言い訳通用するか!(笑) あと、1:1.2の株式分割もかなり笑える。

posted by ヒロ at 12:18 | Comment(2) | TrackBack(0)
日記 | このページの先頭へ
2006年01月20日

ライブドア・ショックに関するマスコミ報道

 ライブドアは、故意に組織的な犯罪を行っていたのか? それはもちろん解明されるべきことですし、私自身の立場から言えばライブドアに対しては憤りを覚えて然るべきなのですが、本件に関する一部マスコミによる報道の現状については、実のところ違和感を覚えます。

 近鉄やフジテレビ買収の頃からずっと、一部マスコミは、ライブドア・ホリエモンのいわゆる「株主至上主義」を、散々非難してきたではないですか。そのマスコミが掌を返したように、投資家保護の観点から偽計取引や粉飾決算について鬼の首を取ったかのようにここぞとばかりにライブドアを非難するのは、ハッキリ言って筋が通りません。

 むしろ、「投資家保護や市場の透明性維持などよりも、ライブドアの従業員や取引先や利用者のことを重視すべきであり、そんなに大げさに非難するような事件ではない」と主張するのが筋なのではないでしょうか。

 …いや、言ってみただけです、もちろん。

posted by ヒロ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
日記 | このページの先頭へ
2006年01月18日

株式投資のリスク

 冗談はともかく、まさかこんなに早くブルとベアが入れ替わるとは。
 株価は「ファンダメンタル価値」で決まるのか、「投資家心理」で決まるのか。リスクに見合うリターンが得られるのか、それとも関連は無いのか。
 そんな問いすら、全く無意味に思えてきてしまいますね。

 珍しくマジメな話をすると、私は、自分にとって重要なのは、自分が許容できるリスクだけを取ることだと思っています。仮に、昨日今日空売りをしていれば濡れ手に粟だった、と思う人もいるかも知れません。しかし私は、そのリターンは取るべきリスクを取った結果である、そう考えるようにしています。

 フリーランチは確かに存在するのかも知れませんし、それを追い求めるために勉強し、自分の信じる通りに行動を取るのは、決して悪いことばかりではないでしょう。
 それでも、そのときに自分が何を犠牲にしているのか、どんなリスクを取っているのかは、よくよく考えておくべきだと思います。

 さて、私の投資スタンスとしては、総資産における日本株の比率が下がったので、当然買い増しを考えるべきところです。以前書いた通り、昨年までよりも真面目に、買うべき銘柄を探したいと思います。(ただし私にできることは限られている、というのも自覚しつつ。)
 遊びのつもりで持っていた幾つかの銘柄は、昨日今日で損切りライン(遊び以外では損切りラインなんて設定しません)に達してしまっていたので、ある意味、丁度良かったかも知れません。

 まあ、この暴落の中、心理的に本当に買い向かえるかどうか、難しいところなのですが…。そういう限界もひっくるめて、リスクとして把握しておくべきなのでしょう。

ライブドア(マネックス)ショック・2日目

 今日もずいぶんと下がったみたいですねえ。さて、ポートフォリオをチェックしなきゃ。

 ……(保有銘柄チェック中)

 ……ハ……ハハ……アハハハハ……ハ……。

 ……いや、大丈夫ですよ。全然、大丈夫です。

 では、また。来世でお会いしましょう……。(震える手で梁にロープをかけながら)

posted by ヒロ at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0)
市況 | このページの先頭へ
2006年01月17日

もう株式投資なんてしない

 ・・・なんて言わないよ、絶対。

東証大引け・大幅続落――後場にろうばい売り・ソフトバンク大幅安:NIKKEI NET

 さっき帰宅して株価チェックしたんですけど、保有銘柄ほぼ全て、笑っちゃうぐらい下がってました。前引けを昼休みに見たときは、大丈夫そうだったんですけどねえ。

 まー、崩れるときは崩れますし、こんなもんでしょう。しばらく株のことは忘れるか、むしろ落ち着く頃に備えて割安な銘柄を探しておくってのも、いいかもしれません。

 あ、そういえばライブドアは取引成立したんですね。買い注文出してませんでした。明日、どうしよっかな。

posted by ヒロ at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0)
市況 | このページの先頭へ

渡りに船

東京地検、証取法違反容疑でライブドア本社など家宅捜索:NIKKEI NET

 いやあ、最近、ライブドアの株を買いたいなーって思ってたんですよ。一株だけ。

 明日買おうかなあ。

posted by ヒロ at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
日記 | このページの先頭へ
2006年01月15日

ブル・ベアぬいぐるみ

 私が主に利用している証券会社、マネックス証券には、「マネックスポイント」というポイント制度があります。

 これは株式の売買手数料などに応じてもらえるポイントで、ある程度貯まると、新たに売買手数料に充当できます。それだけでなく、ANAのマイルやセゾンカードのポイントへ移行したり、あるいはプレゼント(マネックスグッズ)と交換したりといった、色々な使い方ができます。
 私はあまり頻繁に株式売買をする方ではないので、なかなかポイントが貯まらないのですが、それでも何に使えるのか、ちょっと調べていました。

 すると、プレゼント(マネックスグッズ)の中に、一つだけ異質なものがあるのを発見。なぜか、「ぬいぐるみ」があります。それ以外は、全て株式投資関連書籍なのに。

 そう、ぬいぐるみと言っても、タダのぬいぐるみではありませんでした。「ブル・ベアぬいぐるみ」です。

ブル・ベアぬいぐるみ

 リバーシブルになってて、さっと裏返すだけでブルとベアが入れ替わるらしい(笑)。なかなか洒落が効いてます。
 まあ、今、机に飾るなら、牛の方ですね。しかし、ある朝ふと気が付くと、誰かにさっと裏返されて、熊になっているかもしれません。気をつけましょう。

 調べたら、トレーダーズショップで、直接買えるようです。価格は2,940円。

 うう、(゚д゚)ホスイ・・・。

*ブル(雄牛)は「強気相場」、ベア(熊)は「弱気相場」を表す用語です。

 余談ですが、ブル・ベアの語源は、「攻撃するとき、雄牛は角を突き上げるので上昇、熊は手を振り下ろすので下降を示す」と言われることが多いようです。例えば野村證券のサイトにもそう書いてあります。

 ですが、それは間違いで、実際には「熊の毛皮を、狩る前に売る人」と「空売り」の相似から来ている、とする説もあるようです。(例えば、こちらのサイトを参照。)
 なぜ熊の反対が雄牛なのか、よくわかりませんが。
 ちなみに、「取らぬ狸の皮算用」を意味する諺は、英語で「Catch your bear before you sell its skin」(毛皮を売る前に熊を捕まえろ)です。

 いやあ、勉強になるブログですねえ、ここは。・・・読んでも儲かりませんけど。

2006年01月08日

銘柄分析「7829 サマンサタバサジャパンリミテッド」

 私も、世の株式投資家ブロガーに倣い、「銘柄分析」なるものをしようと思います。個別の銘柄について、ビジネス上のあらゆる観点から、その銘柄の投資価値について鋭く分析します。なお、定量的な分析は誰がやっても同じになるはずなので極力避け、主に定性的な分析の話をしていきたいと思います。

 さて、記念すべき第一回目は、「サマンサタバサジャパンリミテッド」です。IPOに落選して、初値がその3倍近くで、高すぎると思って買わないでいたら、そこからさらに2倍になったという・・・。最近はストップ安とストップ高を繰り返すような展開で、私には怖くて手など出せません。

 ・・・ま、私個人の話は関係ありませんね。銘柄分析ですので。早速本題に入りたいと思います。

続きを読む
2006年01月04日

2006年・大発会

 明けましたねえ、年が。株式投資家の元日は、今日ですからね。間違えないようにしてください。

 さて本日は、TOPIX+1.41%、日経平均+1.55%の上げ。そして、私のポートフォリオは当然ながらトータルで下げ。

 今年も、去年と変わらない年になりそうです。よろしくお願いします。

posted by ヒロ at 13:36 | Comment(0) | TrackBack(0)
市況 | このページの先頭へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。