2005年12月31日

2005年12月末時点パフォーマンス

 さて、2ヶ月ぶりの投資成績公開ですが。

 その前に、告白しておかないといけないことがあります。まあ、今までTOPIXドル・コスト平均法との比較を載せていたので、その時点で、分かる方にはスグに分かる話ですし、最初にそういう風に説明をしてはいましたが。

 えーっと、今まで公開していた私のパフォーマンスの計算の仕方は、投下資本に対してその時点での評価額が幾らになっているか、というものでした。
 これ、実は、他の投資家の方が公開されているパフォーマンスの計算方法とは違うんです。通常は、投下資本は投下した時点でのパフォーマンスで割り引いて計算するんです。私の場合は、現金を追加した場合でも、それを運用当初からキャッシュポジションとして持っていた、として計算していたんです。また、月次の利回りも、投下資本に対する評価額の増率が前月に比べてどうだったか、という計算をしていました。

 何でそういう計算方法を取っていたかというと、私の場合、現金の追加に対する考え方がちょっと変でして。
 つまりですね、余裕資金ができたら株式投資に回す、って感じじゃないんです。もともと、資産における余裕資金(別の金融資産に振り分けているお金)は、投資を始めた当初からありまして。さて、この中からどれぐらい株式投資に回そうかなあ、っていうのを、運用期間中ずっと考え続けているんです。今も考え続けてます。むしろ、私には銘柄選択よりもそちらの方が重要だったりするのです。(そして、株式投資に回したお金は常にフルインベストメントが理想。)
 だから、今年のように、曲がりなりも評価額が上がり続けている場合、通常の計算方法だとズルイ気がしてしまうのです。あえて株式投資に回さずに取っておいたお金があるのに、それを「最初から投資していたもの」として考えるのは、ちょっと・・・。(逆に評価額が下がっている場合には、以前書いた通り、パフォーマンスが良くなってしまいます。でもさ、下がっているからこそ資本を投下しよう、って考える場合だってあるじゃん?)

 まあ、微妙ではあるんですよね。もともと株式投資用のキャッシュとして持っていた、と考えようと思えば考えられるし、かと言って、別の金融資産の状況によっては、追加していなかったかもしれないし。
 その辺、パフォーマンスを計算して公開されている皆さんは、どうお考えなんでしょうかね。そんなつまらないことは考えず、統一基準みたいな感じで選んでいるんでしょうか。

 ともあれ私も、「株式投資単体のパフォーマンス」を公開するならば、やはり通常の方法を採用した方がいいのかなと。私は、計算方法によって何が違うのか、どういう利点と欠点があるのか分かっているからいいのですが。このブログを読んでいる方には、誤解を与えかねないかな、と。11月のパフォーマンスを計算していてEXCELが落ちたときに、思ったのです。
 2005年ももう終わりで、キリもいいし。当座はこれで行きたいと思います。

 ・・・というわけで。前置きが長くなりましたが、グラフ貼っておきます。

設定来パフォーマンス
設定来パフォーマンス

月次パフォーマンス推移
月次パフォーマンス推移

 11月の月次騰落率は+2.0%でした。TOPIXは+6.3%でした。えーん、負けたー。

 12月の月次騰落率は+8.7%でした。TOPIXは+7.4%でした。わーい、勝ったー。

 では、皆様、良いお年をお迎えくださいませ。来年も、よろしくお願いいたします。

2005年12月30日

大納会

 はー、今年も、ようやく終わりですね。

 って感慨深げに言うほど、たくさん売買したわけじゃないんですけど。もっとたくさん買っときゃ良かった、と思える年でしたねえ、今年は。

 ま、結果論結果論。市場の先行き予測は、しないことにしてますので。

 さーて、来年はどうなるかなあ。

posted by ヒロ at 11:17 | Comment(4) | TrackBack(0)
日記 | このページの先頭へ
2005年12月25日

クリスマス

 お前ら、クリスマスだからって、更新わざとサボって見栄張ってんじゃねえっつーの。どうせ市場が閉じてて暇なんだろ?

 私はアレですよ。バリバリ明石家サンタ見てますよ。ええ。株で損したとかそういう不幸話を応募しようかと思いましたが、まあそれはそれで。

 っつーことで、そろそろ寝ます。では、I wish you a very merry christmas!!!

posted by ヒロ at 03:37 | Comment(0) | TrackBack(0)
日記 | このページの先頭へ
2005年12月23日

含み益

 毎度毎度損することに慣れている私には、持ち株の含み益が増えていくことが何か良くないことのような気がしてしまいます。Yahoo!ファイナンスのポートフォリオ機能で、「損益」の項が赤くなってないと、どうにも落ち着かないんです。

 まあ、含み益っつっても、大したことはないんですけどね。それに、利益確定しない限りは絵に描いた餅だと思ってますから。で、利確しようとすると、途端に下がったりするんですから。まったく。

 “金持ちがどんなにその富を自慢しているとしても、彼がその富をどんなふうに使うかが分かるまで、彼をほめてはいけない。” ソクラテス

 “投資家がどんなにその含み益を自慢しているとしても、彼がその株をどんなふうに売ったかが分かるまで、彼をほめてはいけない。” ヒロ

posted by ヒロ at 02:54 | Comment(0) | TrackBack(0)
日記 | このページの先頭へ
2005年12月19日

会社四季報CD-ROM 2006年 1集新春号

 会社四季報CD-ROM 2006年 1集新春号Amazonで購入し、とっくに手元にあるのですが、未だインストールどころかダンボール箱の開封すらしていない状況です。

 つーかめんどくせ。だいたいこのブロードバンドっていう言葉が死語になりつつある時代に何がCD-ROMだよ。そんな前時代的な方法はやめて、とっととASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)的なサービスを展開しろよ。つーかASPすら死語だよ。

 まあ、愚痴ばかり言っていても始まらない。ということで、次号が出る頃には、箱を開けてインストールを済ませようと思ってます。(買った意味無し)

posted by ヒロ at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0)
日記 | このページの先頭へ
2005年12月16日

みずほジェイコム株誤発注問題、決着

<みずほ証券誤発注>1株91万2000円での現金決済完了
<ジェイコム株>122万円と2日連続ストップ高

 まー株数が足りないんだから、現金で決済するしかなかったんでしょうが、買ったはずの人はちょっと納得できない状況ですよね。

みずほ証券誤発注 「証券5社の手法 美しくない」金融相
「みずほ」誤発注での利益、証券6社返上へ

 利益返上って、取引を無かった事にするわけでしょ? だったらその分の株を個人投資家に分けてあげればよかったのではないでしょうか。

 まーしかし、ミスにつけこんで儲かった分は返すべき、というのなら、個人投資家は(プロから見て)しょっちゅうミスしまくりなんじゃないですか。
 プロなんて、どうせ「あ、このど素人、こんなところで買い入れてるよww売り浴びせちゃえwww」とか「コイツ、こんな安値で売りかよwwwうはwwおkwww」とか言いながら、素人を食い物にしてんじゃないの。(株式投資って怖い。)

 つか、みずほ証券側だって、当社の財務体力から見て問題はない、って言ってたじゃん。それでミスを無かった事にしてくれるなら、私も無かったことにして欲しい取引、いっぱいあるんですけど。みずほよりよっぽど問題あるんですけど。
 あの株の買いは無かったことにして欲しいですし、あの株の売りも無かったことにして欲しいです。えへへ。あ、どうせなら、今年半ばの売りは全部無かったことにしてくれるともっといいです。

 ・・・むしろ人生そのものを無かっ(以下略)

posted by ヒロ at 08:08 | Comment(0) | TrackBack(0)
日記 | このページの先頭へ
2005年12月09日

どうなるの?

 なんか今日(12/8)はすごいことが起こったみたいですね。

 えーと、今日約定した分(みずほが買い戻せなかった分)って、いったいどうなるんでしょう? どこからか調達してきて売るしかないんですよね。発行済み株式総数を上回っているとしたら、いったいどこから・・・? 引用記事には「現金を供与」とか書いてありますが、そんなの通るのか?

 誰か教えてください。

 ついでに、明日から市場がどうなるのかも誰か教えてください。

みずほ証券発注ミス、巨額損失の可能性…市場は大混乱:Yahoo!ニュース

 8日の東京株式市場で、東京証券取引所の新興企業向け市場マザーズに同日上場した総合人材サービス業ジェイコムの株式に対し、みずほ証券が誤って大量の売り注文を出し、みずほ証券には現時点で270億円の含み損が生じている。

 この影響で、日経平均株価(225種)が300円以上、急落するなど市場が大混乱した。

 東証などによると、みずほ証券は、同日午前の取引開始直後、ジェイコム株の売買注文の入力を誤り、1株61万円で1株の売り注文を出そうとしたが、実際には、1株1円で61万株の売り注文を出してしまい、誤入力の警告も見落とした。

 ジェイコムの発行済み株式総数は1万4500株しかなく、売り注文の株数はこの42倍に相当する。

 ジェイコムの株価は、67万2000円の初値をつけた後、急落し、値幅制限の下限(ストップ安)にあたる初値より10万円安い57万2000円まで値を下げた。みずほ証券は、初値から57万2000円の間の価格で売ったとみられる。実際には1円では取引は成立していない。

 その後、急速に買い戻され、今度は、値幅制限の上限(ストップ高)にあたる同10万円高の77万2000円まで上昇し、取引を終えた。

 取引終了後の午後4時すぎ、みずほ証券が誤って発注したことを発表した。

 同日夜に会見したみずほ証券の福田真社長は誤注文による損失が270億円に上ることを明らかにした。

 売り注文が発行済み株式総数を大きく上回るため、誤発注に基づいて売買契約が成立した投資家すべてには株券が行き渡らない。この場合、「みずほ証券が投資家に対し、株券を受け渡す時期を先延ばしにするか、株券の代わりに現金を供与することなども考えられる」(準大手証券)という。

 ジェイコムの岡本泰彦社長は、この日の新規上場の記者会見で、「適正に判断された値段が付いてほしかった」と述べた。

 この日は、こうした取引に対する不安が広がり、証券会社や大手金融グループの株式を中心に売られ、株価は全面安となった。

 日経平均株価(225種)は前日比301円30銭安の1万5183円36銭と、12月1日以来1週間ぶりの低水準まで値を下げて取引を終えた。下げ幅は今年3番目の大きさだった。

 ・・・とりあえず、明日ジェイコム買い注文入れてみますか? 記念に。

posted by ヒロ at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
市況 | このページの先頭へ
2005年12月08日

名前変わりすぎ:マネックス証券

 私がメインで利用している証券会社、マネックス・ビーンズ証券が、再びマネックス証券と言う名前になりました。(2005年12月3日より)

 つーかもうね、マネックスに限らず、変わりすぎですよ、名前。参考までに、私が口座開設した証券会社の名前の変遷を以下に記しておきましょう。

  • イー・ウィング証券 →(日本オンライン証券と合併)→ カブドットコム証券
  • マネックス証券 →(日興ビーンズ証券と合併)→ マネックス・ビーンズ証券 → マネックス証券
  • 野村ファンドネット証券 →(唐突に営業取り止め、移管)→ 野村證券

 ・・・先日、E*トレード証券に口座を開設したのですが。もしE*トレード証券の名前が変わったら、むしろこれは私のせいと言えるかも知れません。

2005年12月02日

計算は苦手なもので

 11月のパフォーマンス計算をしてたら、グラフを作ってる途中でEXCELが落ちやがった。しかも復旧できねえ。

 今月は珍しく複数回取引をしたんですが、どっちにしろTOPIXに大負けしてるのはわかりきっているので、計算をやり直す気が起きないんですよ。いや、すぐ終わるんですけどね。(記憶によると、+2%程度でした。TOPIXは+6%以上。)

 まあ、そのう、暇を見つけてやり直します。ついでに、今月の投資を最初からやり直せたらいいな。えへへ。あ、どうせなら、今年の投資を最初からやり直せるともっといいです。

 ・・・むしろ人生そのものをやり(以下略)

posted by ヒロ at 01:19 | Comment(2) | TrackBack(0)
日記 | このページの先頭へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。