2005年08月26日

株価予測の新理論を考えた

 先日、「株価が気温に従って上昇していると思える」などと書きました。その後、ここ2日ほど涼しくなって来たと思ったら、日経下げました。

 ということはつまり、市場は気温に連動しているのだ!

 これはすごいアイディアです。これから秋、冬とどんどん寒くなってくるので、皆さん売りですよ売り。間違いない。

 ・・・さて、寝るか・・・。
posted by ヒロ at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0)
日記 | このページの先頭へ
2005年08月18日

個人投資家の「キャッシュポジション」について

 株価が気温に従って上昇していると思えるような日々が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
 私はと言えば、このブログは株価の調子がいいとあまり書くことが無くなるので、割安株の探索なんぞを珍しくしていますが、私なんかに簡単に見つかるような割安株には、割安であるそれ相応の私の知らない理由があるに違いないと勘繰って、結局何もできないでいます。

 ところで、私はまだ株を買うためのお金がざくざくと余っているのでもっと株を買おうと思っているわけですが、このお金の多さのことを一般に「キャッシュポジション」と呼びます。
 個人投資家さんのブログを読んでいるとよく、このキャッシュポジションがどうこうという記事が出てきます。キャッシュポジションを高めましたとか、何%になったとか、ゼロになったとか。

 この、個人投資家にとってのキャッシュポジションとはつまり、「株式投資に振り分けた資金のうちのキャッシュ(現預金あるいはMRFなど)の割合」を意味します。

 ・・・と思います。

 なぜちょっと自信が無さげなのかというと、「株を含めた、全資産のうちのキャッシュの割合」という意味で使っている方もいるかと思うからです。ただ、「株式投資の成績」を見るという意味においては、前者のほうがふさわしいですよね。ほかにどんな資産を持っていようが、株式投資の成績には関係ないし。なので、前者の意味で使われている場合が大半だと思うのです。

 さて、キャッシュポジションを前者の意味で捉えた場合、私は、ポジションを大きくしようとか小さくしようとか、特に意識することはありません。フルインベストメントが私の理想です。株式投資に振り分けた投資資金は、全て株式で持っていた方がいいと思ったから、振り分けたわけですから。また、余程のことが無い限り、資金引き揚げもしません。個別銘柄であれ市場全体であれ、タイミングを読むなんてことは、端から諦めてますので。

 つまり、私にとって、前者のキャッシュポジション(「株式投資に振り分けた資金のうちのキャッシュの割合」)は、重視すべきものではないのです。それよりも、全資産のうち幾らを預貯金で持って、幾らを株式投資に振り分けるのか、ということの方がよっぽど重要なのです。そしておそらく、大半の個人投資家の方々にとっても事情は同じなのではないかと思います。

 今回の記事で何が言いたいかというと、「株を買うと決めたならとっとと株を買え(自分に向けて)」ということです。はい。
2005年08月13日

郵政民営化について:たまには真面目に書いてみる

 最近、値動きが激しいですね。市場は、衆議院解散→選挙→郵政民営化反対派切捨て→郵政民営化&構造改革という流れを歓迎、期待している・・・と言われていますね。まあ、本当のところはどうかわかりませんけど。

 ともあれ、このブログを書いている立場から言うと、私は民営化には賛成です。大雑把に言って、市場経済が拡大するのは良いことですから。

 ただ、民営化反対派の意見をつらつら眺めていると、まあ確かに言っていることは理解できます。みんな、自分の立場が一番大事ですからね。

 そう、確かに民営化に弊害があるのはわかります。資本主義が万能だなんて誰も思っちゃいません。ただ、今のままでは、あまりにも歪み過ぎてるんじゃないかと思うわけですよ。多少の荒療治は必要不可欠なところまで来ている、そう市場が判断しているとしても何ら不思議はありません。

 結果、行政によるサービス量が低下したとしても、甘んじて受け入れますよ。郵政に限らず、年金とか保険とかさ。自分で何とかしますってば。上の世代のツケを払いながら、下の世代に更なるツケを回していくのは、もううんざりなんです。私ぐらいの世代は、みんなそう思ってるでしょ。(って私、年齢を明かしてませんが。)
posted by ヒロ at 02:43 | Comment(2) | TrackBack(0)
日記 | このページの先頭へ
2005年08月09日

本日の売買記録

posted by ヒロ at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0)
日記 | このページの先頭へ
2005年08月05日

「火垂るの墓」見ましたか

 最近、よく思うんですよ。自分は何と幸せなのか、と。
 世の中には、日々の生活の糧に困っている人がたくさんいます。それに、豊かに見えるこの日本でも、つい数十年前には、本当に多くの人が、生きていくことすら困難だったんですから。

 それなのに自分は、仕事の傍ら余裕資金を投資なんぞに回し、挙句最近キャッシュポジションが高くなっちゃったけどどの株を買ったらいいのかさっぱりわからん、などと思っているわけです。何と暢気な、幸せなことでしょうか。

 それを考えれば、保有銘柄が1日で15%値下がりしたことぐらい何でもありません。いやホント、何でもありません。ええ。
posted by ヒロ at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0)
市況 | このページの先頭へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。