2005年05月29日

2005年4月末時点パフォーマンス

 このブログに書いてる銘柄のみのパフォーマンスをちゃんと計算してみたので、公開します。諸事情により、2004年4月末日を基準(100%)として計算しています。
 しかし、TOPIXに勝っているとは正直意外でした。・・・そんなんでいいのか。

Perform0504.gif

*月次終値で評価してます。
*配当金・手数料・税金および増資分は考慮済みです。
*貸株金利は計算に含めません。
*このブログで公開していない銘柄、投信、J-REIT、外貨MMFなどは計算に含めません。
2005年05月27日

マネックス・ビーンズで中国株取り扱い開始

 マネックス・ビーンズ証券が、5月23日から中国株取引の取り扱いを開始したそうです。今更感が漂ってますが、ちょっとは購入を検討しちゃいな。

 ・・・ごめんなさい。


マネックス・ビーンズ証券
2005年05月26日

おすすめサイト紹介「パーシャルオーナー」

 以前から勝手にリンクさせて頂いてて、勝手に記事にも取り上げてて、これはちゃんと紹介せねば、と思っていました。

パーシャル・オーナー

 私が以前受講したバリュー投資セミナーの講師をされていた、角山智さんのサイトです。角山さんは、「超特価バリュー株「福袋銘柄」で儲ける週末投資術」という本も執筆されてます。

 サイトでは、ご自分で書かれた本以外の書籍の紹介が非常に豊富かつ丁寧です。参考になります。最近は、ここを参考にして、「株式投資の新しい考え方」を買いました。
 また、ショートコラムがとても良質です。著書によると、いずれ本を執筆することを視野に入れて書いていたとのこと。以下、著書から引用。

 私は元々、バリュー投資の本を書きたいと思っていました。自分のサイトで「本を書きたい」と宣言して、ショートコラムを充実させ、二年後ぐらいに内容をまとめて出版社を回るつもりでした。

 いやー、良質な理由が分かりますな。

 ところで、角山さんは、2005年5月22日のショートコラムにあるように、この度「サラリーマン投資家」をご卒業されたようです。セミナーの際の、受講者からの質問に対する態度や、会社員としての仕事と本の執筆を両立させるために「朝5時に起きて時間を捻出していた」というエピソードなどから、どんなことにも手抜きをしない、非常に誠実な方のように見受けられました。謹んでご成功をお祈りしております。

 つーか人のことより、自分の投資成績を何とかしろ、と。・・・ごもっとも。
2005年05月25日

朝は寝床でカタリスト

 最近決算発表が多く、私の持株の評価額にも乱高下が見られます。っていうか主に下げが見られます。まあ、どうでもいいんですけど。

 いや良くないんですけどね。こことか。

*カタリスト(触媒)というのは、相場を動きを促進させる出来事や材料の意、だそうです。へー。
2005年05月23日

こんな本を読んできた

 えー、今回はマジメに、私が今まで読んできた株式投資本を紹介しようと思います。ファイナンス論やら金融工学やら不動産投資やらについては別の本も読んでますが、とりあえず一般向けで、株式投資に直接関係する本で、かつ皆さんに紹介しておきたい本は、今のところこれぐらいです。

 下に挙げた本は、本当に良いものばかりです。いやホントに。無論、全ての本が100%同意できる内容であるというわけではないですが、値段以上の価値があることは保証します。

 それぞれの本の内容紹介なども今後やっていきたいと思ってますが、とりあえず全くの初心者で何から読んだら良いのかさっぱり分からない、という方には、「投資戦略の発想法」をおすすめします。ただし、新しく図解版「木村剛の図解 財産を守るための投資戦略の発想法」が出てるようですので、そちらの方が良いかも知れません(私は読んでませんが)。

 また、同じく株式投資の初心者で、かつ「バリュー投資」についてカンタンに知りたい、という方には、「謎のトレーダー「しん」の株バリュー投資法」、「超特価バリュー株「福袋銘柄」で儲ける週末投資術」がおすすめです。ただ、財務諸表の読み方に関する記述などの面から、どちらかというと前者の方がより初心者向けだと思います。(財務諸表を普通に読めるなら、どっちが先でもいいと思います。)

 それから、「読んでいて面白い」という視点でおすすめなのは、「ウォール街のランダム・ウォーカー」と、「ピーター・リンチの株で勝つ」です。二冊とも、著者の投資の才能だけでなく、文才が感じられる本です。たとえ株式投資をしなくても読む価値あり・・・と言っても、言い過ぎではないかも。

 逆に、「いいコト書いてあるんだけど読みづらい」という本は、「株式投資の新しい考え方」、「敗者のゲーム」、「賢明なる投資家」です。まあ多くは語りませんが、最後まで夢中で読み通しました、とは言いづらい本です。

 とりあえずこんな感じですが、皆様の参考になればと思います。

2005年05月22日

ファンドネット証券?

 最近、「ファンドネット証券」を検索のキーワードにしてこのブログに来る方がいらっしゃいますが、私が以前書いたN村ファンドネット証券とは何の関係も無いようですね。すみません。

 しかし、日経225指数先物取引専業ですか。すごいなあ。まあ、あのマネックス・ビーンズ証券までもが、為替保証金取引だの商品先物取引だのを取り扱う時代ですからねえ。

 がんばりましょうね。

<関連記事>
私がN證券を嫌いな理由
2005年05月18日

フジコピアン

 最近、「フジコピアン」を検索のキーワードにしてこのブログに来る方がいらっしゃいますが、それに関してふと思いついたことがあります。
 フジコピアンって、何かレッド吉田のギャグにありそうじゃないですか?「コピコピフジコピアン!」とか。

 そんだけ。
posted by ヒロ at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0)
日記 | このページの先頭へ

不動産投信は不動産じゃなくて動産

 J-REITを売却するかどうか検討中です。株の話とは直接関係ないんですけど、株を含めた資産全体のアロケーションの観点から、いろいろ考えてるわけです。

 J-REITは、もともと長期保有で分配金を狙うという意図で購入したのですが、私が買った株の大半よりもパフォーマンスが良いという結果が出てまして、嬉しいのやら悲しいのやらよくわかりません。

 まあそんなことよりアレですね。なんだっけ。えーと、そうそう、株式投資。株式投資ですよ。株式投資のことを考えよう。
posted by ヒロ at 07:05 | Comment(0) | TrackBack(0)
日記 | このページの先頭へ
2005年05月14日

相互リンクして頂きました

 「早川圭の海外割安株投資」の早川圭さんに厚かましくも相互リンクをお願いしてみたところ、こころよくOKしてくださいました。さっそくアクセス急増。ありがたき幸せ。(さらにブログ「バリュー投資日記」にトラックバックを敢行。圭さん、どうもありがとうございました。)

 で、私のサイトの紹介には「バリュー投資に目覚めた」とか書いて頂いてるわけですが、そのリンクで早速飛んできた人が初めに目にした記事が一昨日書いたコレ

 ・・・どこがバリュー投資なのか、とお怒りのあなたへ。大変申し訳ございません。

 いやホント、バリュー投資やります。ええ、これからやります。マネックス・ビーンズ合併のおかげでできるようになったEワラントなんて、やりません。絶対にやりません。いやホント。
posted by ヒロ at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0)
日記 | このページの先頭へ
2005年05月12日

サンフロンティア不動産ストップ高に関するお知らせ

 本日、サンフロンティア不動産がストップ高を記録しましたが、一昨日、既に売却してしまっていることをここにお知らせいたします。

 ・・・何か文句あるか?
2005年05月11日

おすすめサイト紹介「早川圭の割安株投資」

 今回は、おすすめサイト紹介です。と言ってもこのカテゴリ、記事はまだ3つ目です。紹介しなさすぎ。これからはガンガン紹介していきますので、こんなブログを読んでないで、そっちへ行っちゃってください。その後戻ってきて内容を私にわかりやすく教えてください。

 さて、私はバリュー投資と言うものにあこがれていると以前から散々言ってきましたが、今回紹介するサイトもバリュー投資家さんのものです。

早川圭の割安株投資

 割安株に国境無し、ということで、米国株、中国株も投資対象に含めておられますが、注目すべきは日本株のパフォーマンス。2年で+200%。3倍っすよ。
 また、海外株の銘柄分析に定性分析をあまり用いていないところが個人的に好きです。投資コラム始め、その他のコンテンツも当然のように充実しています。勉強させて頂きたいと思います。つか、今度私に直接教えてください。

*先方のサイト名変更に伴い、記事タイトルと内容を修正しました。(2005/5/26)
2005年05月09日

めざせ!バリュー投資家

 前回の記事で、なんかバリュー投資に対してネガティブに取れるような内容を書きましたけど、バリュー投資が役に立たないとかそういうことを主張したいのではないので、誤解の無いようにお願いしますね。
 私としてもバリュー投資には憧れていますし、自分で何もせずに、頭だけで理解した気になって批判をするって言うのは、とても良くないことだと思いますので。まずは実践ですよ。ええ。
 つーわけで。とりあえず、株式投資に振り分けている資金のうち3/4ぐらいは、バリュー投資をやってみたいと考えてます。

<関連記事>
「角山智の割安株投資術徹底公開セミナー 」に出てみた
posted by ヒロ at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0)
日記 | このページの先頭へ

「角山智の割安株投資術徹底公開セミナー 」に出てみた

 先日記事に書いた、角山智氏のセミナーに試しに出てみました。(セミナーの主催は¥塾(エンジュク)さんです。)

 今回は、内容踏まえ、軽く感想など書いてみようかと思います。

 内容は、割安成長株の銘柄分析の話が主でした。著書の「超特価バリュー株「福袋銘柄」で儲ける週末投資術」では主に割安資産株が取り上げられているのですが、その内容を踏まえた上で、中級の投資家を目指す人向けのセミナーだそうです。例として6つの銘柄を挙げ、財務分析と定性的な分析の方法と、その結果をレクチャーされました。この辺のお話は、角山さんのWEBサイトのショートコラム「5月8日の東京セミナー」にも書いてあります。
 具体的な銘柄分析方法について詳しく書くのは控えますが、バフェット・リンチ・フィッシャーの組合せ+角山氏ご自身の経験によるものだそうです。私はフィッシャーを読んだことが無いのですが、バフェット、リンチは読んでますので、かなりの部分を割と簡単に理解できました。
 また、角山さんの個人的な投資経験のお話も豊富でした。受講者からの質問にも、全て答えられてました。かなり多くの質問が出てましたので、これは結構すごいことです。

 で、感想ですが。

 まずですね、この日本で、リアルタイムで、バリュー投資で大成功している方の個人的な実際の投資基準を生で聞けるなんて機会は、かなり貴重じゃないかと。バリュー投資を目指している方の参考にならないはずがない、と思います。そういう意味では有意義なセミナーでした。

 ただ、私個人としては、値段に見合った価値をこのセミナーに見出すことができたかと言うと、なかなか難しいと言うのが正直なところです。私はA8.net¥塾さんのおかげで、かなり割り引いた値段でセミナーを受けられたのですが、それでもやっぱりどうかなと。
 まあ、これは個人的な話ですからね。私としては、本を買ったり借りたりWEBで調べたりして自分で勉強する方が、性に合っていると思うだけです。

 それから、定性分析については、市場参加者の数だけ分析のやり方があって、じゃあどれが一番いいのかとか本当にそのやり方でいいのかとかその根拠は何なのかとか、そういう話になると思うんですよね。
 今後5年間の見通しが明るいかどうかを、どう判断すればいいのか。バフェットのやり方をどこまでちゃんと真似できるのか。角山智の真似をしていれば良いのか。そんなことが可能なのか。
 で、セミナーの終わりに、一つ質問をしてみました。「今回のような定性分析にセンスや才能はどの程度必要か?」と言う質問です。回答は、「努力と勉強は必要だがセンスや才能は必要ないと思う」とのこと。
 んー、努力すれば誰でも、バフェットやリンチや角山智になれてしまうということですかねえ。この辺はやはり、EBIのすすめこの辺に書いてあることが、私としては説得力がある気がします。
 ですが、セミナーの内容自体とは、あまり関係ない話ですね。

<関連記事>
出てみたい株式投資セミナー
posted by ヒロ at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(1)
日記 | このページの先頭へ
2005年05月07日
2005年05月06日

サンフロンティア不動産暴騰

日経平均大幅反発、終値は190円高の1万1192円 NIKKEI NET

 保有銘柄をぼーっと見てたら結構上がりました。特にサンフロンティア不動産。+15.92%とは。その調子で100倍ぐらいになれ(無理)。

 まあしかし、こういうときに売ったり買ったりしないというのは精神衛生上良いのやら悪いのやら、よく分かりませんね。
posted by ヒロ at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0)
市況 | このページの先頭へ
2005年05月02日

マネックス・ビーンズ証券

 つーわけで5月になり、マネックス・ビーンズ証券がめでたく始業したわけですが、早速重すぎで売却注文が出せない状況になっております。・・・がんばれ。


マネックス・ビーンズ証券


<関連記事>
日経平均の100倍の現金と、ノーリスクで10%のリターン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。